正しい言葉遣いはアルバイトの最低限のマナー

Ranking

特集記事

遅刻や欠席は必ず連絡しよう 遅刻や欠席は必ず連絡しよう

基本的に社会人のマナーとして遅刻欠勤はNGですが、やむを得ない事情がある場合は必ず連絡を入れましょう。

間違った言葉遣いはやめよう

アルバイトとはいえ仕事は仕事です。身だしなみも言葉遣いも、社会人として通用する一定の基準以上のものを求められるものです。勤務する職場には様々な人が集まっており、同僚や上司、そしてお客様にも自然な敬語を使いたいものです。ただし思い込みで間違った敬語を覚えている場合もあり少々手直しが必要かもしれません。

「よろしかったでしょうか」

飲食店などがマニュアルとして普及させているためなのか、あちこちで聞かれるようになって久しいのが「よろしかったでしょうか」という言い回しです。使っている当人はこのように言わなければならないと信じているのかもしれませんが、例えばお客様の注文を確認するのに今聞いたばかりのメニューを繰り返した後、「以上でよろしかったでしょうか?」と続けることになるため、この過去形の表現に違和感を覚える人が少なくないようです。だからといって時と場合によっては全くの間違った敬語というわけではなさそうなのですが、聞き慣れているものが必ずしも最適な表現ではないことは覚えておく必要があります。

「来れない」「見れない」

「来れない」「見れない」などは可能の表現として一部では通用しつつあるようですが、本来は「来られない」「見られない」というように、動詞プラス「られる」の活用形を用いるべきところを誤った形で使われ続けているうちにいつしか広まってしまったようです。もちろん言葉は変化するものであり、正しい日本語の表現を突き詰めようとすれば日本語を話すことなどできなくなってしまうでしょうが、今のところ可能の表現としては「来れない」「見れない」ではなく、「来られない」「見られない」が正しいと覚えておきましょう。

「になります」「の方」

例えば飲食店で注文の品をお客様の元に運んで来て、確認の意味で「日替わり定食になります」と言いたくなるかもしれませんが、これは間違いです。何かが変化して「日替わり定食」という別な状態「になる」わけではなく、単に断定する場面であり、「日替わり定食でございます。」という表現が適切です。また人でも物の名前でもむやみやたらに「の方」と続けるのを耳にすることがありますが、奥ゆかしい婉曲表現や恭しい謙譲語というわけではないのであり、例えば「店長の方」ではなく「店長」と単純に言い切る方が適切です。

「~円からお預かりします」

お会計時によく聞く言い回しといえるでしょうが、本来お客様からは代金を頂くものでありお預かりするわけではありません。仮に代金より多い金額を、一度「お預かりする」場合であっても「から」は不要です。

間違った言葉遣いはやめよう