アルバイトはマナーを守って好印象

Ranking

特集記事

遅刻や欠席は必ず連絡しよう 遅刻や欠席は必ず連絡しよう

基本的に社会人のマナーとして遅刻欠勤はNGですが、やむを得ない事情がある場合は必ず連絡を入れましょう。

第一印象を良くしよう

何事も最初が肝心なのですが、特に様々な相手との付き合いが避けられないアルバイトへの初出勤は、第一印象を良くすることが大切です。せっかくその他の条件がどれだけ揃っていても、やはり職場の人間関係が良いことは何より長続きする秘訣です。

10分前が目安

社会人と肩を並べて仕事をする以上、アルバイトといえども最低限のマナーは守らなければなりません。中でも遅刻は厳禁です。特に初出勤の場合には、職場に紹介してもらう大切な機会なのであり、迎える社員や先輩アルバイトにとっても不安や緊張があるものです。そこでまずは余裕をもって臨むためにも職場には就業時間の10分前には到着しておきましょう。
初日は、特に勝手がわからずウロウロしてしまい何をするにも時間が掛かるものですが、かといってあまりに早過ぎると迎える準備が整っていないなど、かえって迷惑になることもあります。そのためにも採用の連絡を受けた時に出勤する際の通用口や初出勤の時に尋ねるべき相手の名前を確認しておきましょう。

清潔な服装

そして職場の業務内容にもよりますが、一般的に共通するのは清潔感のある服装が望ましいということです。採用面接の際も面接官との初顔合わせの場であり第一印象が決め手でしたが、今度は職場で一緒に働く仲間との初顔合わせであり、やはり第一印象が後々まで響いてしまいます。自分らしさも大切ですが職場では職場にふさわしい人柄かどうかを判断されてしまいます。無用な摩擦を避けるためにも初出勤の服装はあまりに華美なものは慎みましょう。どのような服装が良いのか不安な場合には前もって採用担当者に聞いておくのも良いでしょう。

挨拶

初出勤で職場に着いたら、知らない相手ばかりとはいえ出会う人には挨拶をするのが礼儀です。最初に会った人に挨拶をしてから事前に尋ねるように指示されている相手の名前を伝えましょう。もちろん忙しくお客様の相手をしていたり準備に追われているような相手にはタイミングを見計らって声を掛ける配慮が不可欠です。

持ち物

出勤初日は、まずは挨拶回りやこれから担当すべき業務の説明、その他の手続き関係などやるべきことはたくさんあります。そこで初日に必要な持ち物は、やはり面接時や採用の連絡時に確認しておき忘れないように用意しておきましょう。少なくともメモ帳と筆記具は必要です。
これからやるべき仕事の説明などを受けても記憶だけが頼りでは覚えられる範囲も限られてしまいますし、一晩寝てしまえば忘れるものです。何度も同じことを尋ねるのは忙しい同僚や上司の仕事の手を止めることになるため慎みましょう。

第一印象を良くしよう