アルバイトを始めるなら絶対守るべき連絡のマナー

Ranking

特集記事

遅刻や欠席は必ず連絡しよう 遅刻や欠席は必ず連絡しよう

基本的に社会人のマナーとして遅刻欠勤はNGですが、やむを得ない事情がある場合は必ず連絡を入れましょう。

遅刻や欠席は必ず連絡しよう

職場は遊びに行くのではありません。アルバイトといえども立派な役割を与えられているのであり、収入に見合った働きが求められます。そこで最低限遅刻はしないことですが、やむを得ず遅刻する場合には相手や職場のことを考えた対応が必要になります。

早めの電話連絡

遅刻をすればアルバイトのシフト交代の相手やあるいはそれぞれの役割に応じて、お互いに関連しながら動くチームに迷惑が掛かります。遅刻すると分かった時点で、何はともあれできるだけ早く連絡することです。たとえ電話を掛けるために電車を一本乗り遅れたとしても連絡をする方が大切です。そして手短に遅刻する理由もはっきりと伝えましょう。後ろめたい気持ちからメールやラインを使いたくなるかもしれませんが、メールやラインは相手がいつ見るか分からないため一刻を争う時には不適切です。相手にいち早く知らせて対応してもらう必要がある以上、電話連絡が基本です。なお、連絡する相手はその職場で一緒に働く上司が一般的でしょうが、登録制のアルバイトの場合には登録会社の担当者であるかもしれません。

状況に応じた使い分け

遅刻といっても例えば大学の授業が長引いているのかあるいは電車に遅れが生じているのかそれとも体調が悪いのかなどその状況は様々です。いずれにせよ遅れそうと分かった時点で連絡することが大切なのですが、その際どの程度遅れそうなのか可能な限り具体的に見積もって伝えておくことにより、相手もその間の対応がしやすくなります。
また、予期せぬ交通事情によりいつ到着できるのか分からないという場合には、どこでどのように遅延が生じているのか相手が想像できるような材料を伝えできるだけ早く向かう旨を伝えましょう。
体調を崩してしまい出勤途中の駅のホームで動けなくなっているといった場合であれば、取り敢えず電話の掛けられる状態になった時に一度事情を説明し体調が回復次第職場に向かう旨を伝えます。しばらく休んでアルバイトに行けそうな状態になれば、その時点で再度連絡しこれから向かう旨を伝えましょう。ただし無理は禁物です。回復しなければ休ませてもらえるよう連絡しましょう。

少しの勇気

たとえどのような事情があるにせよ、遅刻の連絡をするのは気が重いものです。そのためついつい電話をするタイミングを逃してしまい、それがきっかけで無断欠勤をするようになるとそのままアルバイトが長続きしないという悪習慣を身に付けてしまうことにもなりかねません。アルバイトは始めるのも辞めるのも比較的簡単ですが、そうであるからこそほんの少し勇気を奮い起こしましょう。

遅刻や欠席は必ず連絡しよう