アルバイトを始めるために必要なマナー

Ranking

特集記事

遅刻や欠席は必ず連絡しよう 遅刻や欠席は必ず連絡しよう

基本的に社会人のマナーとして遅刻欠勤はNGですが、やむを得ない事情がある場合は必ず連絡を入れましょう。

働き始めたら必要なマナーを覚えよう

働き始めたら必要なマナーを覚えよう

アルバイトとして働くことが決まったら、次は「働く上で知っておくべきマナー」をチェックしましょう。アルバイト先で快適に仕事をするためにも、第一印象はとても大切です。少し早めに出勤して、率先して元気よく挨拶をしましょう。社会人としての自覚をもって言葉遣いにも注意してください。ここで紹介するマナーはアルバイト先での人間関係を円滑に保つための秘訣でもあります。また、マナー以前の問題ですが無断欠勤や遅刻は厳禁です。電車の遅延等でやむを得ず遅刻しそうな場合はできるだけ早めに連絡を入れてください。

第一印象を良くしよう

第一印象を良くしよう

いよいよアルバイトの採用が決まり初出勤の日を迎えたら、マナーとして10分前には職場に到着していましょう。そして職場での人間関係に最初からつまずかないためにも、清潔感のある服装が好ましいでしょう。職場では初対面の人ばかりでしょうがまずは挨拶が肝心です。なお初日に必要な持ち物はあらかじめ確認しておき忘れないようにしましょう。また仕事をこれから覚えなければならないため、メモと筆記具は持ち歩くようにしましょう。

続きはこちら

間違った言葉遣いはやめよう

間違った言葉遣いはやめよう

学生仲間と話をする中で、敬語を使う場面はあまりないものです。それなのにいきなりアルバイト先で敬語を使おうとしても、今まで正しいと思っていた敬語が実は間違った言葉遣いであることも往々にしてあるものです。例えばメニューを復唱した後に続けて「よろしかったでしょうか」と言うのもまた可能を表現する「られる」の代わりに「れる」としたり、「になります」「の方」といった言い回しも不適切な言葉使いです。更に「~円からお預かりします」も適切ではないのです。

続きはこちら

遅刻や欠席は必ず連絡しよう

遅刻や欠席は必ず連絡しよう

アルバイトであっても仕事では遅刻は厳禁ですが、やむを得ず遅刻する場合には遅れそうだと分かった時点でできるだけ早く連絡することがせめてものマナーです。大学の授業が長引いているのか、それとも電車が遅れているのか、あるいは体調を崩しているのか、事情は様々あるでしょうがその間職場で待つ相手に穴埋めをさせることになるため、その相手が対応しやすいように確実に伝わる電話で遅刻の理由とどの程度遅れるのかを伝えます。

続きはこちら