アルバイトや就活のマナーを勉強するには

Ranking

特集記事

遅刻や欠席は必ず連絡しよう 遅刻や欠席は必ず連絡しよう

基本的に社会人のマナーとして遅刻欠勤はNGですが、やむを得ない事情がある場合は必ず連絡を入れましょう。

ネットや教材で勉強しよう

アルバイトも仕事である以上、社会人としてのマナーは必要不可欠です。これを早く身に付けようと焦っても何をどうすれば良いのかということはなかなか分からないものです。しかし今の世の中でマナーを身に付けるための教材に事欠くことはありません。

身近な人を真似る

アルバイト先がどのような職場であるのかにもよりますが、大抵はどんな職場にも感じの良い人がいるものです。まずは真似をしたい相手を職場の中で見つけ出し、その人が日ごろどのような相手にどのような場面でどのような振る舞いをしているのか日々観察してみましょう。そして疑問点があれば折を見て質問してみましょう。もちろん忙しく仕事をしているのを邪魔することは慎まなければなりません。
マナーというのは一朝一夕で身に付くものではなく、また本人にとっては特に意識しているわけでもなく自然な習慣になっていて、当の本人にも気づかないこともあるものです。観察しているうちに真似したい部分が見えてくれば、積極的に自分の振る舞いに取り入れてどんどん真似をしてみましょう。

マナーについて自分で調べる

しかし、実際に真似をする相手がいないという場合でも、今の時代インターネットにアクセスさえすれば溢れるほどの情報が手に入る時代です。インターネット上で「マナー」と検索するだけでたちまち様々なブログやサイトが目の前に現れます。文字で読む記事が中心になるため、一読しただけではなかなか想像できなかったり実際の行動には結びつかないかもしれませんが、注意する点を押さえられれば後はああでもないこうでもないと試行錯誤を繰り返すうちに身に付くこともあるものです。

マナーについて教材を使う

また、近頃は様々な教材が世に出版されており、マナーについてもそれは例外ではありません。より実践的な方法やよりスタンダードな方法など自分が必要とする教材を選んで、コツコツと自分のペースで学習を進めることもできるでしょう。
マナーの基本は、相手に不快感を与えずにスムーズに相手とやり取りをすることにあります。人によっては常識と考えていることが、相手にとっては必ずしも常識ではないといったことも往々にして起こり得ますが、社会的に許容される範囲というものがどの程度なのかは人それぞれ基準が微妙に異なります。そのため正しいマナーを身に付けなければならないなどとあまり四角四面に考えることなく、無理せずに自分が実践できそうなことから少しずつ努力をし続けることが大切です。経験を積めばある程度暗黙知のようなものを感じられるようになるものなのであり、何も焦ることはありません。

ネットや教材で勉強しよう