採用される電話のマナー

Ranking

特集記事

遅刻や欠席は必ず連絡しよう 遅刻や欠席は必ず連絡しよう

基本的に社会人のマナーとして遅刻欠勤はNGですが、やむを得ない事情がある場合は必ず連絡を入れましょう。

時間を配慮して電話しよう

アルバイトを始めようにもまずは採用されなくてはいけません。そこで、意外に悩むのが面接のためのアポを取る電話の掛け方です。電話は相手の顔が見えないだけに不快感を与えてしまってもなかなか気が付かないものですが、社会人としてのマナーを守って面接の約束を取り付けましょう。

電話を掛ける時間帯

アルバイトを採用する担当者というのは、企業やお店などそれぞれの業態に応じて仕事をする傍ら採用面接などの時間を割いています。そのため、担当者の忙しい時間帯に電話を掛けるのは避けなければなりません。
例えば飲食店であれば、お昼ランチの12時から13時ぐらいと夜ディナーの19時から21時ごろがピークでしょうし、コンビニであればだいたい朝6時から9時ごろ、お昼の12時、夜の18時から20時ごろがピークです。またスーパーであれば、お昼前の11時から12時ごろと午後の15時から17時ごろがピークにあたります。
もちろん学生の身にも電話を掛けられる時間帯が限られているという事情もあるでしょうが、担当者が手の離せない時に電話をしても上手くつながらないかもしれません。なおコンビニは24時間営業ですが、電話を掛けるのは遅くとも夜の21時ごろまでというのが礼儀でしょう。

電話における話し方

さて、いきなり意気込んで電話を掛ける前に、面接前に相手に聞きたいことをなるべく簡潔にまとめておくことが大切です。そして電話のそばにはメモと筆記具を用意します。電話の第一声はゆっくりと大きな声で、「アルバイト情報を見て、お電話しました。まだアルバイトを募集しておられますか?」と伝えます。
電話口に出た人が採用担当者でなければ、ここで採用担当者に電話を代わるため改めて第一声を繰り返します。担当者の方から話が面接の日時など具体的な内容に移るようであれば良いのですが、仮に「募集しています。」とだけ返事をされて話が途切れてしまいそうな場合には、自分から名前を名乗りアルバイトをしたいので面接をして頂けませんかと丁寧に尋ねます。
この後、名前や住所や年齢、電話番号などを訊かれるでしょう。続いて面接の日時を決める時には、大抵担当者の方から2、3の候補日を挙げてもらえますが、場合によっては「今すぐ来られますか?」と聞かれるかもしれません。自分の都合がつくようであれば良いのですが、そうではないのであれば、正直に都合が悪い旨を伝えてお互いに無理のない日時を決めましょう。面接場所や持参するものも確認して合わせてメモします。
最後にお礼を述べて、「失礼します。」と言った後に相手が電話を切るまで電話を切らずにいるのがマナーです。

時間を配慮して電話しよう