採用されるアルバイト!服装のマナー

Ranking

特集記事

遅刻や欠席は必ず連絡しよう 遅刻や欠席は必ず連絡しよう

基本的に社会人のマナーとして遅刻欠勤はNGですが、やむを得ない事情がある場合は必ず連絡を入れましょう。

職場に合った服装で面接に行こう

アルバイトの面接には、どのような服装が良いのかという疑問に対し一つの答えしかないというものでもありません。「普段着でお越しください。」と言われても、文字通りの普段着で本当に良いのかどうかは疑問です。やはりその業種や業態に応じた適切な服装というものがあるため、アルバイト先をよく考えて選ぶ必要があるでしょう。

アルバイト先に合せること

例えばアパレル系の販売のアルバイトであれば、それなりのセンスのある人を選びたいところでしょう。逆にプログラマーやSEなどのITエンジニアであれば、むしろ仕事柄おしゃれをし過ぎると浮いてしまいそうです。このように服装一つにも、面接官にとっては仕事の同僚や上司と上手く強調してやって行けるのかどうかという判断材料になるものです。服装は、面接というフェイストゥーフェイスの場面において、人となりまで強烈に印象づけてしまいかねない大切な要素です。ともすれば、その後の面接で一生懸命に話す内容も面接官の第一印象に即した形に解釈されてしまうかもしれません。つまり空気を読んで面接官が期待するような服装で面接に臨むというのが、アルバイトに採用される秘訣ともいえるのです。

無難な服装とスーツ

とはいえ、考えれば考えるほどどのような服装をして良いか分からなくなるということもあるでしょう。一般的には、派手・華美・だらしない服装よりは真面目な服装の方が無難です。この場合、真面目とはすなわち「ベーシック」かつ「標準的」なものを指します。手持ちの服の中で、例えばTシャツよりも襟のついたシャツやブラウスを選び、ジーンズよりもすっきりと足のラインに沿ったパンツや長めでシンプルなスカートにしましょう。色調もカラフルな物よりも控えめの方が間違いなしといえるでしょう。
なお、基本的にオフィスワークの場合には、スーツを選ぶ方が安全です。大抵は、同じ募集要項を読んで面接に臨む以上、面接会場で自分一人がスーツを着ていないとなればどうしても浮いてしまいます。仮にオフィス内がすべて私服で仕事をしているようなカジュアルな雰囲気であれば、何かしらそれを示すような空気を募集要項から読み取れるはずです。

「無印良品」

ベーシックで標準的な服装が思い浮かばない場合には「無印良品」が参考になります。店頭などに並ぶ衣類を見れば、どれを取っても派手なものは見当たらないでしょう。

無印良品

「はるやま」

また、面接の日時が決まっても手持ちの服の中に適当なスーツが見つからない場合には「はるやま」をあたってみると良いでしょう。就活用からフォーマルまで豊富なラインナップが揃っています。

はるやま

職場に合った服装で面接に行こう