アルバイトに採用されるためのマナー

Ranking

特集記事

遅刻や欠席は必ず連絡しよう 遅刻や欠席は必ず連絡しよう

基本的に社会人のマナーとして遅刻欠勤はNGですが、やむを得ない事情がある場合は必ず連絡を入れましょう。

採用されるためのマナーを学ぼう

採用されるためのマナーを学ぼう

アルバイトを始めるためには、面接を受けて採用されなければ何も始まりません。そこでまず最初に「アルバイトとして採用されるために最低限必要なマナー」を紹介します。ちなみに、アルバイトの採用基準は面接がすべてではありません。応募時の電話連絡からすでに採用面接が始まっていると思ってください。ステップは大きく3つ、「応募の電話をかける時に気を付けたいマナー」、「履歴書作成と送付に関するマナー」、そして「面接のマナー」です。

時間を配慮して電話しよう

時間を配慮して電話しよう

アルバイト採用に至るまでには様々な関門がありますが、まず面接のアポを取るために電話を掛けなければなりません。この電話は、採用担当者に不快感を与えないよう、また仕事の邪魔をしないように注意しなければなりません。業種業態によって忙しい時間帯などがあるため、その時間帯は避けてしっかりと大きな声でアルバイトに応募したい旨を伝え、面接の日時を決めましょう。最後に電話を切る時は相手が先に切るのを確認してから電話を切るのがマナーです。

続きはこちら

履歴書の出し方にも気をつけよう

履歴書の出し方にも気をつけよう

アルバイトの応募のために面接の前に履歴書を郵送する場合、それが採用担当者の目に触れる唯一のものになります。そのため新卒時や転職時ほどシビアではないとはいえ、この履歴書の印象で合否が決まることにもなりかねません。最近のスタンダードであるA4版で折らずに封筒に入れ、宛名も丁寧にそして正確に書きましょう。文字の書き方ひとつで好印象を与えることができるので、採用されたいという気持ちを込めて書きましょう。

続きはこちら

職場に合った服装で面接に行こう

職場に合った服装で面接に行こう

アルバイトの採用面接の場に着て行く服装は、面接官にとって面接で質問に答える内容以上に重要な判断材料にもなりかねません。業務内容にもよりますが、往々にして面接官は協調性を重視しているため、アルバイト先の雰囲気に合せることも大切です。ただし、迷った時には無難な服装を選ぶ方が良いでしょう。真面目な雰囲気は面接官にとって好印象となります。なおオフィスワークのアルバイトでは、スーツを着用したほうが間違いがありません。

続きはこちら